全国に広がる家づくりネットワーク イノスグループ

家族とつながる家づくり

イノスの家のパートナー
2017.05.09

「家づくりはお客様との信頼関係」 ~(有)ハウジングひみ 岩崎社長インタビュー~

ひみ社長.png有)ハウジングひみは、1974年に現社長の岩崎 仁氏が富山県氷見市に創業。
このエリアでイノスの家を延べ70棟ほど建てられた地域密着の住宅建設会社です。
岩崎社長のご出身は隣県の石川県。
しかし、修行時代にお世話なったこの土地に何か恩返しをしたいという気持ちから同市に創業されました。

イノスグループ入会のきっかけは阪神淡路大震災。地震に強い家を建てたいという思いから、イノスグループのサポート力に期待をされ入会されました。

今回、岩崎社長の家づくりに対する熱い想いや大事にしていることを伺うことができましたのでご紹介します。

家づくりに携わるようになったきっかけは?

小さい頃から手先が器用で物づくりが好きでした。
次第にいつか自分の家を自分自身で建てたいと思うようになり、氷見市の大工の親方に弟子入りをしたのがきっかけです。
親方の自宅に住み込みをし、3年間の厳しい修行後、4年目に墨付を任され独り立ちをしました。
自分ひとりで建てた一棟目の物件は、独立して間もなくのことです。
日頃からお世話になっていた方からご依頼いただき、家づくりのお手伝いをさせていただきました。
それ以降、創業から現在まで200棟近くの家づくりのお手伝いをさせていただいています。

徒弟制度を継承しているとお聞きしましたが?

私自身、親方に家づくりのすべてを教わりました。親方の仕事を間近で見て学べる徒弟制度はとてもありがたかったので、それを継承し、今までに4人の弟子を育てました。
私が経験し学んだ技術をすべて弟子に伝えることで、弟子との深い絆を築けるこの制度をとても大切だと感じています。

※岩崎社長は2015年に、氷見市商工会議所が氷見市の産業が誇る優れた技術・技能者に贈る『匠 技能認定証』を授与されています。

ひみ 匠.png

社名に「氷見(ひみ)」という土地名入っていますが?

地域に根ざした会社にしたいという思いを込めて会社名に「ひみ」という地名を採り入れました。
私の出身は富山県の隣の石川県七尾市です。
氷見市に身内や親戚がいたわけではなく、親方に弟子入りするために初めて氷見市に来ました。
そのときは全く何もないゼロからのスタートでした。
独立してからは氷見市の地元の人たちとできる限り交流を持ち、いろいろな方のお話しを伺ったり、氷見市を良くしたいという自分の思いや夢を伝えたり、素直に意見を交し合ったことで、お互いに信頼関係を築くことができたと思います。
そして今では、家づくりの以外の家庭の相談、人生相談、相続に関する話など、様々な相談を受けることもあります。

お施主様との打合せで気にかけていることは?

まず一つ目は、プラン作成の際には、お施主様の思いを汲み取ることを心がけた打合せを行います。
お施主様がこれまでどのような生活を送ってきたのか、現在はどのような生活をされているのか、これからはどのような生活をされたいのかなど少し立ち入ったところまでじっくりと聞き取りをし、今後お施主様がどのような生活を送りたいのか、どのような家を望まれているのかを想像した上で、できるだけお施主様に気に入ってもらえるようなプランを作成します。

二つ目は、些細な相談事であっても親身になって聞くことです。それは、親身になって話を聞くことで双方の信頼関係が生まれるからです。
家づくりもお客様から信頼してもらえるかどうかがとても重要です。そのためにも日頃からどんなことにも親身になって対応することを心がけています。

そして、当たり前ではありますが、一度受けた仕事はやる気、誠意、責任感を持って最後までやり遂げるようにしています。
そのおかげで、創業以来施工した物件のほとんどが、地元の方からのご紹介で受注できています。

お施主様に満足してもらうために工夫していることは?

家の着工から完成までに現場の写真を撮りためておき、1冊のアルバムにして、家の引渡し時にお施主様にお渡ししています。
お施主様が完成後では見ることができない壁の内側の写真なども収めています。家の完成までにどのような工事がなされてきたのかが一目でわかり、さらに家づくりの思い出が一冊のアルバムにまとまっているということで、お施主様からはとても好評です。

また、私の趣味である釣りでとれた魚や海藻類をお客様にお裾分けするついでに、お施主様から家の具合を聞いています。不具合や、何か気になる箇所があると言われた時は、その場ですぐ直せるようにしています。どんな対応にも迅速に応えるために、大工道具一式を常に車に乗せて行動しています。
私の自慢の車です。

ひみ車.png

今までにお客様に言われて嬉しかったことは?

当社はOBのお施主様や、知り合いの方からの紹介受注がほとんどです。
OBのお施主様の紹介だと、当たり前ですが初めてお会いする方も多いです。
以前、OBのお施主様から新しいお客様を紹介していただいたときのことです。初めてお会いしたそのお客さんとご挨拶を交したその直後に突然『会えて嬉しい!!』と喜ばれた事があります。
何故そのお客様が喜んでくださったのか理由を伺がったところ、紹介してくれたOBのお施主様が、日頃の私の行動を好意的に感じ、良い噂を流してくださっていたようなのです。挨拶を交したときに、噂通りの人だということがわかり安心してくださったそうです。
日頃のお施主様のためを考えてとっている行動に間違いはなかった!!とあらためて実感した大変嬉しい出来事でした。

イノスグループについて

イノスグループに入会したきっかけは阪神淡路大震災です。
それ以前から、認定住宅をとれる住宅建設会社にならなくてはと思い、パートナーになれる会社を探していました。
そんな時、阪神淡路大震災が起きました。被災地に出向きボランティア活動をする中で、構造体がしっかりした地震に強い家を提供できる会社をパートナーにすべきだと実感しました。いろいろ調べた結果、イノスグループにたどりつきました。
特に、家の強さを裏付けて証明書として発行する「構造カルテ」は、お施主様に自身を持ってイノスの家をお引渡しできる資料の一つです。
現在は「子育て応援住宅」といった子育て世代の女性をターゲットにした商品プランにもすごく魅力を感じています。
2016年10月に発売された「MOTENA(モテナ)」は私のお薦めプランも多数あります。

これから家づくりをされる方に一言アドバイスをお願いします。

私たち(有)ハウジングひみはお施主が日々快適に過ごせる家づくりのお手伝いをしたいと思っています。
各ご家庭によって大切にされていることは異なりますが、それぞれのご家庭に合った快適で豊かな生活実現のお手伝いをしたいのです。
お施主様との信頼関係を大切に、家づくりのサポートをさせていただきます。

イノスの営業担当からみた(有)ハウジングひみ様について

(有)ハウジングひみ様は、お施主様をとても大事にされている会社だとあらためて感じました。
家づくりの依頼を受けてから完成するまではもちろんのこと、お引渡後もお施主様のことを考えて誠意を持って対応されています。
(有)ハウジングひみ様は、家が建ちあがりお施主様が新居へ引渡した後からはじまるお施主様との永いお付き合いをとても大切にされていると感じました。

岩崎社長の家づくりに対する熱意、お客様を第一に考えた対応が(有)ハウジングひみの社員全員にもしっかりと受け継がれている会社です。
これからもお施主様へ安心・安全で快適な家づくりのお手伝いをしていただきたいです。

取材協力:有限会社ハウジングひみ
http://housinghimi.jp/

関連記事:
イノスの家のパートナー
あなたの街のイノスグループ
イノスの家のラインナップ

inos

カテゴリ

新着情報

過去の投稿

pagetop

​​