全国に広がる家づくりネットワーク イノスグループ

家族とつながる家づくり

初めての戸建て住宅購入
2017.09.05

マイホーム購入に迷っている人必見!家を買う最適なタイミングとは?

630 1707-2C_15864253.jpg結婚や出産などで家族構成が変わっていくことを考えると、マイホームの購入を検討したくなるものです。しかし、家は人生のなかでも最も大きな買い物。決して気軽に購入できるものではありません。家を買うタイミングがつかめず、なかなか一歩を踏み出せない人も多いのではないでしょうか。
家を買うには、最適なタイミングがあります。ここでは、4つの場面に絞って購入に好ましいタイミングを解説していきます。

家族構成が変わるタイミング

家を購入する最適なタイミングを考えるとき、ポイントとなるのが家族構成の変化です。以下のようなライフイベントをきっかけに、購入を検討するとよいでしょう。

結婚がきっかけ

結婚を考えるときは、二人の将来について話し合う機会も増えるでしょう。家族と住まいは切っても切れない関係。将来的な家族のイメージを膨らませるタイミングは、住まいについて真剣に考えるタイミングでもあるのです。
家は生活の基盤。笑顔で暮らせる毎日を実現するには、家の存在は欠かせません。理想の家庭を築いていくために、住まいの購入を検討するのは、とても自然なタイミングといえるでしょう。

出産がきっかけ

出産で家族が増えるタイミングも、マイホーム購入に適したタイミングのひとつです。子どもがすくすくと健やかに育つためには、安心して生活を営める家が欠かせません。賃貸住宅に住んでいる人も、子どもの将来を考えれば、家の購入に一歩踏み出したくなるもの。将来的に望む子どもの人数によっても理想の家は違ってきます。出産をきっかけに家の購入を検討すれば、子どもの将来を見据えた住宅の購入ができるでしょう。

親の介護がきっかけ

家族構成の変化は、子どもが増えるときだけではありません。両親の介護が必要になったときも、家族構成や住まいの見直しをするタイミング。家の購入を検討するタイミングでもあるのです。
介護が必要になれば、両親との同居という選択肢も出てきます。二世帯住宅の家を建て、両親のそばで暮らしながら安心して日々を過ごしてもらうのも、親孝行の方法のひとつではないでしょうか。

人生で起こるライフイベントのうち、家族構成が変わるタイミングの多くはこうした場面です。家族のサイズが変われば、生活環境にも変化が必要です。いずれの場面も家の購入を検討する最適なタイミングだといえるでしょう。

子どもが入園・入学する前のタイミング

子どもの幼稚園への入園や小学校への入学の前も、家の購入にぴったりのタイミングといえます。これは、入園や入学した後に居住エリアを変えると、転園や転校の可能性が生じるためです。せっかく環境に慣れた子どもを転園・転校させるとなると、親としては心苦しさを感じることも。そのため、マイホーム購入によって子どもの社会環境が変わるリスクを減らせるように、入園前や入学前に家を建てる人が多いのです。

また、幼稚園や保育園、小学校は、子どもの成長に大きな影響を与えます。親としては、子どもが心身ともに健やかに育つ環境での生活を望むものでしょう。子どもが安心・安全に暮らせる住環境が整ったエリアでの暮らしを考え、家の購入を検討する。これもマイホームを購入するうえで大切なポイントといえます。

子どもが周囲の環境や人間関係にスムーズに溶け込めるようにサポートするためにも、ストレスのないタイミングを考えたいですね。

630 1707-2A_07800033342.jpg

賢く住宅ローンが組めるタイミング

多くの人は住宅の購入に当たって、住宅ローンを組むことになります。長年にわたり返済していく住宅ローンも、マイホーム購入を判断するポイントなのです。

ローン完済から逆算して考える

例えば30歳でローン返済をスタートさせた場合、35年ローンを完済できるのが65歳。定年まで働くことを想定すれば、どのタイミングで住宅ローンを組めば、将来的に余裕を持って返済していけるのか判断できます。

住宅ローンの返済年数は、家の購入資金に充てられる貯蓄も影響してきます。インターネットで利用できる住宅ローンの返済シミュレーションを活用しながら、どのタイミングで家を購入するのが賢い選択なのか判断するとよいでしょう。

また、住宅ローンには金利がつきもの。金利の状況によって、将来的なローン返済額も変わってきます。低金利のときは有利に住宅ローンが組めますので、家の購入を検討する格好のタイミングといえます。金利の観点から家を買うタイミングを判断するのも、賢く家を購入する方法のひとつなのです。

補助金・減税・税制優遇制度が利用できるタイミング

住宅の購入に当たって受けられる補助金や減税措置、税制優遇制度があるのをご存じでしょうか。そういった制度が活用できるときも、家の購入に好都合なタイミングです。

補助金でお得に家を購入する

マイホームを建てるとき、ある一定の条件を満たすことで、補助金を受けられるケースがあります。
例えば、一定年収以下の人が家を買う場合、その負担を軽減することを目的とした補助金といったものです。資金面で家の購入を迷っている人にとって、補助金は背中を押してくれるありがたい制度でもあります。

住宅ローン減税を受ける

家の購入に当たっては、所得税の控除を受けられる住宅ローン減税制度も設けられています。控除を受けられる条件や控除期間が最長10年間という期限が設けられているものの、一定額が還付金として戻ってくるのはとても魅力的です。ローンの返済は家を購入したあとの生活にも影響してきます。継続的に受けられる減税制度ですので、ぜひ活用したいところです。

税制優遇制度をうまく活用する

補助金と同様、一定の要件を満たした住宅を建てることで受けられる税制優遇制度もあります。所得税や固定資産税など、税金に関するメリットを受けられる制度ですので、うまく活用すれば賢く家を購入することができます。

補助金や住宅ローン減税、税制優遇制度などは、時期によって実施されているものとそうでないものがあります。また、国の施策によって新たな制度が設けられることも予想されます。こういった制度を利用することで有利に家を購入できるなら、より具体的に家の購入を検討したくなるものです。お得な制度を活用して家を買えるよう、こうした情報にも目を向け、最適なタイミングを判断しましょう。

ライフイベントに合わせて住宅購入を検討しましょう

マイホームを購入するということは、家族が安心して暮らせる生活環境を整えるということ。さまざまなライフイベントが起こるタイミングこそが、家の購入を検討する理想のタイミングといえるのではないでしょうか。また、家は大きな買い物ですので、資金面で有利に購入できるタイミングを常にチェックしておきましょう。
「まさに今が最適なタイミングかもしれない!」と感じる人は、ぜひマイホーム購入に向けて、第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

参考:

家を買うタイミングっていつ? 適切な年齢・年収を知る3つのポイント
家を買うタイミングは?超低金利の時期を狙った住宅ローンを。
リフォーム・マンションリフォーム・リノベーションなら LOHAS studio|ロハススタジオ
住宅ローン減税制度の概要|すまい給付金

関連記事:
知っておきたい、マイホーム購入時の基礎知識
何をすべきなの?家づくりのスケジュール

人気記事ランキング

カテゴリ

新着記事

過去の投稿

pagetop

​​